金剛筋シャツで健康的な体へ【体の引き締め効果が大きい】

記事一覧

着圧の度合いが異なる

足

症状や目的に合わせる

寝ている間はどちらかといえば顔がむくみやすくなります。立っているときに比べてリンパ液や血液が流れやすくなるからかもしれません。一方、日常的な生活をしているときはどうしても下半身がむくみやすくなります。仕事によっても異なりますが、販売員として1日中立ちながら仕事をしている人や、デスクワークが中心の人などもむくみやすくなります。歩き出せば元に戻る人もいれば、むくんだ状態が続いてだるさなどを感じる時もあるでしょう。脚のむくみを解消してくれるグッズとして着圧ソックスがあります。一般的な靴下は足にフィットするよう平均的な編み方になっています。着圧ソックスは部分ごとに編み方が異なるように編まれていて、その違いにより自然に足に対して圧力がかかりやすくなっています。じっとしていると足の筋肉が使われずむくみやすくなりますが、着圧ソックスを履くとじっとしていても適度に足に刺激が行くので、血液やリンパの流れを良くしてくれます。では着圧ソックスをどうやって選ぶかです。メーカーによっては複数種類用意しているところもありますが、1種類しか出していないところもあります。着圧のレベルがあるので、自分に合ったレベルかどうかを確認しましょう。普通に買えるのは軽いむくみから中程度のむくみに対応できるものになります。着圧レベル以外として糸の太さを見るときもあります。太いほど着圧のレベルが高くなり、70から140デニールぐらいの中から合うものを選びましょう。